ロタ島についてからのお願い

ロタ島に到着したら

ロタ空港ご到着時は各ホテルのスタッフがお迎えに上がっております。
お選びいただいたホテルのスタッフに荷物を預けてご乗車ください。
ホテルに着きましたらチェックインの手続きをお済ませいただき、お部屋またはフロントから
532−5353までお電話ください。
スケジュールの確認と海況のインフォメーションをさせていただきます。
その際に何かご希望がございましたらお申し付けください。

ダイビングのご準備

翌日のダイビングに備えて充分睡眠をお取りください。夜間、明け方は涼しくなることもございますので、
エアコンのかけすぎにご注意ください。寝不足、二日酔い、鼻ずまりは快適なダイビングの妨げになります。
体調管理をお願いいたします。
機材はひとまとめにして、忘れ物が無いようにご準備ください。特にダイブコンピューター、カメラ、ログブック、ライセンスカードは
手荷物として携帯してください。
ご集合時には水着着用で、帰路のための着替え、タオルをご持参ください。

ダイビング後の飛行機ご搭乗について

ダイビング後の飛行機ご搭乗までの休息時間はダイビング指導団体により多少の誤差はございますが、
RUBINでは18時間待機を採用しております。ロタ島ご出発が10:20amの場合は前日の午前中の2DIVEが可能です。

ダイビング中のお願い

RUBINではゆったりしたスケジュールで皆様にダイビングして頂けるよう準備しております。
ダイビングに関するご質問、ご要望はお申し込み時にお申し付け頂くことによってさらにスムースにお過ごしいただけますが、
前日、当日でもかまいませんのでご希望をお申し付けください。
3DIVE2日間の場合、DIVE1.は比較的簡単なポイントで体を慣らしていただき、DIVE2,DIVE3.と経験に合わせたポイントにご案内いたします。
2日目のDIVE1.は比較的深度の深いポイントに潜ります。(最大で30m) もちろんリクエストにもお応えしますのでご希望をお申し付けください。
ダイビング中はガイドと同じ水深を潜られることをお薦めします。安全であり、生物、景観など、ベストと思われるコースをガイドさせていただきます。
ダイブコンピューターをお持ちの方はすべてのダイビングを無減圧の範囲内で潜ってください。減圧停止モードが表示された場合、
それ以降24時間はダイビングは行えません。ご了承ください。
タンクを背負うのはエントリー直前からエキジット直前までです。
水面に浮上したらボートのサイドロープにつかまってウエイトベルト、BCを脱いでください。
水中の生物は持ち帰らないでください。特に巻貝は死んでいるように見えて実は生きていたり、ヤドカリが棲んでいたりします。
そのままBCのポケットに入れておくと翌日はとんでもない香りのするダイビングになってしまいます。

お支払いに関して

お支払いはUSドル現金、またはUSドルトラベラーズチェックにてお願いいたします。
現時点ではクレジットカードのご利用は承れません。よろしくお願い申し上げます。
日本円でのお支払いも承りますが、現地為替事情により当日のレート+¥10を目安とさせていただきます。